2011年03月27日

LPIC勉強日記

前回の日記でも書きましたが、現在LPIC1と呼ばれるLinuxのベンダー資格にむけて勉強をしています。

まず第1回目の日記では、試験概要を紹介していきたいと思います。

LPICは、試験が1〜3までのレベルが存在しています。で今回受験するのはそのうちの入門コースに値するLPIC1です。

このLPIC1を取得するには101と102となっているそれぞれの科目について合格をする必要性があります。

問題は受験をするときまで直接的には誰も分からないPC上でランダムに問題が出題されるようになっています。

また、最近では101・102のそれぞれでLinuxで使用するコマンドそのものを書かせる問題も増えてきているようです。

それでまず101ですが、こちらはPCIデバイスやUSBなどいわゆるLinuxの中でもハードウェアに近い問題を中心に出題をされています。

それに対して、102では問題をこなしている範囲ではありますがコマンドを中心にSQLもすう問題出現したりして開発や運用よりの試験内容となっています。

合格ラインは大筋のサイトでは6〜7割前後という風に記載されています。

Linuxの学習を始めたのはモバイルの関係の会社でFlashをやっていたときに取引先のお手伝いでLPIC2についてのメールサーバ付近の書籍での問題を作成をしたのがきっかけでした。

私は当初からネットワークやWEB関連のシステムに興味を持っていてそれぞれのシステムで配信する方法としてPerlやPHPについての話が多かったのもあって、学習をしていました。

その後も勉強をしていくうちにサーバサイドの技術により興味がわいて学習の一環として行うようになりました。現在では、昨年の11月から打ち合わせなどをした後ソーシャルゲームを開発した時のディレクションの方とともにシステム開発でLinuxベースでの開発をしています。


posted by ウィン at 04:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。